桜井恵三の履歴

私は1944年、旧満州の新京(現在は中国の長春)で生まれました。サンディエゴ州立大学のマーケティングを卒業、長い間ビジネス通訳をやっておりました。

多くの商談を担当してきました。そして1983年の東京ディズニーランドの開園前後にメンテナンスの通訳として10ヵ月程働きました。航空機が得意で三井物産の依頼でDC-9のジェット機とかJAC運用のSAAB340の双発機、ベル222等の回転翼の通訳。大陽工業では米国やカナダのベル・ヘリコプター社への売り込みの通訳も担当しました。

製鉄関係では住友金属工業の連連鋳(連続鋳造の連続操業)の通訳をしています。

自動車では富士重工業が米国へ進出の際に通訳をしました。

自分が65才の頃に自分の英語を聞いて、50年間の英語の学び方の間違いに気付きました。

その間違いとは職業病とも呼ぶべき、通訳の癖でした。日本語を英語に訳して英語を話していたのです。つまり発音も表現も不自然だったのです。

英語圏でやっている学習方法に変えました。英語の映画やテレビやCDから実際に使われている英語を真似て覚える学習方法にしました。発音が改善されただけでなく、覚えるのが楽になりました。

英語は話す時に組み立てるのではなく、事前に練習して覚えておいて、その英語を使うのが英語を話す秘訣だと、やっと分かったのです。

現在の教材は今まで多くの方に使っていただき、改善をして現在の形となり、それなりの実績のあるものです。フォーマットも初期はPDFを使い、そしてEPUB3の電子書籍を使い、現在はサイト上に公開されています。

しかし、私との1対1のレッスンでも上達しますが、1週間に1度くらいのレッスンでは練習量が足りません。その練習量をカバーするには1対1ではなく、N:Nの関係、つまりグループによる学び合いが理想だと思いました。

それを2chやブログで公開して、7年位前からスカイプやDISCORDを使い400人程の方にネイティブを真似るディープラーニングを実践してもらい、教材や学習方法を研究してまいりました。

2018年からDISCORDを使った学び合いとなり、その英語学習の学び合いの効果を確認できるようになりました。

2016年にはグーグルの囲碁の人工知能のAlphaGoが達人を真似、フィードバックで矯正して、自ら学んだ人工知能は囲碁の韓国や中国のチャンピオンに勝ちました。その学習方法は脳の学習であるディープラーニングを基本としたものである事を知りました。

つまり我々が言語を習得した方法はルールや単語を学んだからではなく、ネイティブを真似てフィードバックで矯正するディープラーニングと言う、脳の持つ学習能力である事が証明されました。

人間の脳は一生成長する器官ですから、ディープラーニングは子供だけでなく、第二言語にも、臨界期を過ぎた大人にも効果的な学習である事が証明されました。

そして2016年5月に合同会社ディープラーニングを設立して本格的なディープラーニング並びにアクティブラーニングの普及を始めました。

2020年11月からシニア英会話のサイトを開始しました。

日本の英会話学習の改革

シニア英会話は日本の英会話の改革を目指しています。まずここで非常に効果的である事を証明します。