対話集32(初恋の人)

 

時間(1:19) 英文数(45)

Kate talks about a special boyfriend.

対話集 32  初恋の人

1.使い方

次のページを参照してください。

辞書の使い方

対話集の使い方

2.全英文と音声

まず英文を読まずに英語の音声だけを聞いてください。そして何度か聞いた後に英文を読んでください。単語が分からない場合は辞書でチェックしてください。

Jessica: Kate, how old were you when you had your first boyfriend?

Kate: My first proper boyfriend was probably when I was 14.

Jessica: 14. What was his name?

Kate: His name was Murray.

Jessica: Murray. Wow. And did you meet him through school?

Kate: He went to a different school, he went to a school near my school.

Jessica: OK, so how did you meet him?

Kate: We met through mutual friends. His friend knew my friend.

Jessica: OK. So now what, so did you actually go on dates with him when you were 14?

Kate: Yes, we did.

Jessica: Wow. Where did you go?

Kate: We went to the cinema. We used to go and listen to music, watch bands, and we used to go to like the fair, and things like that.

Jessica: Oh, cool. So were your parents cool with you having a boyfriend?

Kate: Yes, yes. They really liked him.

Jessica: Yeah, and they, Wow, that’s really good, cause a lot of times parents aren’t very cool with…

Kate: Yeah. We went out a long time.

Jessica: How long did you go out?

Kate: Two and a half years, nearly three years.

Jessica: So it finished when you were 17?

Kate: Yeah, 17.

Jessica: Do you still keep in touch with him?

Kate: Yes, he’s living in my flat at the moment.

Jessica: Really, Wow!

Kate: Yeah, we’re like really good friends.

Jessica: Oh, that’s good.

Kate: He’s renting my flat off of me.

Jessica: Oh, that’s cool. Wonderful.

  

3.全和文

ジェシカ:ケイト、最初のボーイフレンドを持った時あなたは何歳でしたか。

ケイト:私の最初の正式なボーイフレンドは、多分私が14才の時でした。

ジェシカ:14才ですか。彼の名前は何でしたか。

ケイト:彼の名前は、マレイでした。

ジェシカ:マレイ。そうですか。そして、あなたは彼に学校で会たったのですか。

ケイト:彼は違う学校に行っており、そして彼は私の学校の近くの学校に行っていました。

ジェシカ:OK、そう、あなたはどのように彼に会いましたか。

ケイト:我々は、共通の友人を通して会いました。彼の友人が私の友人を知っていました。

ジェシカ:OK。それでは、14才の時、あなたは彼と実際にデートに行きましたか。

ケイト:はい、我々はデートしました。

ジェシカ:わあ。あなたはどこに行きましたか。

ケイト:我々は、映画に行きました。我々は良く音楽を聞きに行ったり、バンドを見たり、フェアなどに行ったりした、そんな事をしていました。

ジェシカ:ああ、それは良かったですね。それで、あなたの両親は、あなたにはボーイフレンドに寛大でしたか。

ケイト:はい、はい。両親は彼が本当に好きでした。

ジェシカ:それは良かったですね、なぜならば多くの場合親は・・・にあまり寛大でありません。

ケイト:はい。我々は、長い間付き合いました。

ジェシカ:どれくらい、あなたは付き合いましたか。

ケイト:2年半、ほぼ3年。

ジェシカ:それで、あなたが17才の時それは終わったのですか。

ケイト:はい、17才の時。

ジェシカ:あなたは、まだ彼と連絡を取り合いますか。

ケイト:はい、彼は現在私のアパートに住んでいます。

ジェシカ:本当に、わあ。

ケイト:はい、我々は本当に良い友人だと思います。

ジェシカ:ああ、それはよいです。

ケイト:彼は私のアパートの家賃を払ってくれています。

ジェシカ:ああ、それは良いですね。素晴らしいですね。 

4.和文音声英文確認

なるべく英文を読まないで、英語の音声を真似て覚えてください。

ジェシカ:ケイト、最初のボーイフレンドを持った時あなたは何歳でしたか。 

“英文”

ケイト:私の最初の正式なボーイフレンドは、多分私が14才の時でした。

“英文”

ジェシカ:14才ですか。彼の名前は何でしたか。

“英文”

ケイト:彼の名前は、マレイでした。

“英文”

ジェシカ:マレイ。そうですか。そして、あなたは彼に学校で会たったのですか。

“英文”

ケイト:彼は違う学校に行っており、そして彼は私の学校の近くの学校に行っていました。

“英文”

ジェシカ:OK、そう、あなたはどのように彼に会いましたか。

“英文”

ケイト:我々は、共通の友人を通して会いました。彼の友人が私の友人を知っていました。

”英文”

ジェシカ:OK。それでは、14才の時、あなたは彼と実際にデートに行きましたか。

“英文”

ケイト:はい、我々はデートしました。

“英文”

ジェシカ:わあ。あなたはどこに行きましたか。

“英文”

ケイト:我々は、映画に行きました。

“英文”

我々は良く音楽を聞きに行ったり、バンドを見たり、フェアなどに行ったりした、そんな事をしていました。

“英文”

ジェシカ:ああ、それは良かったですね。それで、あなたの両親は、あなたにはボーイフレンドに寛大でしたか。

“英文”

ケイト:はい、はい。彼らは彼が本当に好きでした。

“英文”

ジェシカ:それは良かったですね、なぜならば多くの場合親達は・・・にあまり寛大でありません。

“英文”

ケイト: はい。我々は、長い間付き合いました。

”英文”

ジェシカ:どれくらい、あなたは付き合いましたか。

“英文”

ケイト:2年半、ほぼ3年。

“英文”

ジェシカ:それで、あなたが17才の時それは終わったのですか。

“英文”

ケイト:はい、17才の時。

“英文”

ジェシカ:あなたは、まだ彼と連絡を取り合いますか。

“英文”

ケイト:はい、彼は現在私のアパートに住んでいます。

“英文”

ジェシカ:本当に、わあ。

“英文”

ケイト:はい、我々は本当に良い友人だと思います。

“英文”

ジェシカ:ああ、それはよいです。

”英文”

ケイト:彼は私のアパートの家賃を払ってくれています。

”英文”

ジェシカ:ああ、それは良いですね。素晴らしいですね。

“英文”

5.ケイトの音声でジェシカの練習

ケイトの全体音

ジェシカ:ケイト、最初のボーイフレンドを持った時あなたは何歳でしたか。

ジェシカ:14才ですか。彼の名前は何でしたか。

ジェシカ:マレイ。そうですか。そして、あなたは彼に学校で会たったのですか。

ジェシカ:OK、そう、あなたはどのように彼に会いましたか。

ジェシカ:OK。それでは、14才の時、あなたは彼と実際にデートに行きましたか。

ジェシカ:わあ。あなたはどこに行きましたか。

ジェシカ:ああ、それは良かったですね。それで、あなたの両親は、あなたにはボーイフレンドに寛大でしたか。

ジェシカ:それは良かったですね、なぜならば多くの場合親は・・・にあまり寛大でありません。

ジェシカ:どれくらい、あなたは付き合いましたか。

ジェシカ:それで、あなたが17才の時それは終わったのですか。

ジェシカ:あなたは、まだ彼と連絡を取り合いますか。

ジェシカ:本当に、わあ。

ジェシカ:ああ、それはよいです。

ジェシカ:ああ、それは良いですね。素晴らしいですね。

   

6.ジェシカの音声でケイトの練習

ジェシカの全体音

ケイト:私の最初の正式なボーイフレンドは、多分私が14才の時でした。

ケイト:彼の名前は、マレイでした。

ケイト:彼は違う学校に行っており、そして彼は私の学校の近くの学校に行っていました。

ケイト:我々は、双方の友人を通して会いました。彼の友人が私の友人を知っていました。

ケイト:はい、我々はデートしました。

ケイト:我々は、映画に行きました。我々は良く音楽を聞きに行ったり、バンドを見たり、フェアなどに行ったりした、そんな事をしていました。

ケイト:はい、はい。両親は彼が本当に好きでした。

ケイト:はい。我々は、長い間付き合いました。

ケイト:2年半、ほぼ3年。

ケイト:はい、17才の時。

ケイト:はい、彼は現在私のアパートに住んでいます。

ケイト:はい、我々は本当に良い友人らしいです。

ケイト:彼は私のアパートの家賃を払ってくれています。

英語でチャレンジしてください。

チャレンジ対話32

対話集が終わったら次に進んでください。

対話集33

著者・訳者・編集者

Todd Beuckens  桜井恵三

著作権

合同会社ディープラーニング

発行年月日:

2019年11月30日 発行

利用規約

本書の一部または全部を著作権法の定める範囲を越えて、無断で複製・複写・転載・改ざん・公衆送信することを禁じます。